ブログ管理人

  • 坂本葵 | Aoi SAKAMOTO

管理人のリンク

Amazon

« 第2話 志摩家の人々(二) | トップページ | 第4話 志摩家の人々(四) »

2014年4月21日 (月)

第3話 志摩家の人々(三)

 石渡ぎんは先回りをして門のところで待っていた。

「電車通りまでお送りするわ」

 啓子は円タクを拾おうと思っているのだが、折角だからそのへんまで歩くことにした。

「学校おやめになってから、どうしてらっしゃるだろうと思って……お遊びにいらっしゃいよ、時々……」

「そんなことしたら、婦長さんにお目玉だわ。さっき手術室で、あなたに、ほら、お話をしかけたでしょう。ああいうことがいけないの。すぐに生意気って言われるんだから……。でも、近頃、随分平気になったわ」

 そう言って、彼女は、片一方の眉をぐいとあげて笑った。傲慢でも卑屈でもなく、なにか、自分を知っているというような、聡明な笑いであった。

「お別れして何年になるかしら?」

 と、啓子は、はじめて、しんみりとした。

「あたしが学校やめるとき、あなたにいただいた栞、まだ持っててよ」

 ぎんは、また昔を思いだすように言った。

「あら、そんなものあげた? どんなんだか忘れちゃった」

「象牙に彫もののしてある、あたしたちには買えないような栞よ。いい色になってるわ」

 そんなことを話し合いながら、二人は坂を下って行った。

 病院は小石川の高台にあった。人通りは殆どなかった。石渡ぎんは、そこで、やや躊躇うように言葉をついだ。

「ねえ志摩さん……。あたし、やっぱりそう呼ぶわ。お嬢さまなんておかしいから……。ねえ、志摩さん、今日あなたのお顔みたら、もう黙っていられなくなったの。こんなこと、あなたのお耳に入れる筋合じゃないかも知れないけど、あの病院のことで、近頃、いろんな噂がたっているのよ。まあ、噂だけならいけれど、あたしたちの眼にあまるようなことが、やけにあるんですもの……。院長先生はお見えにならないし、これでいいのかしらと思うと、あたし、仕事も手につかないくらいよ。そりゃ、自分だけの事なら、病院を出ちまえばいいんだわ。でも、自分がこれまで勤めて来たところって言えば、そう簡単には行かないし……。あなたならきっとわかって下さると思うの。それに、こんなことを、なんかの序に院長先生に知っていただけたら、またどうかなるんじゃないかと思ったりして……」

 啓子は黙って耳を傾けていたが、この時、ふと、今日病院で感じた、どことなく不愉快な印象を、ぎんの話に結びつけて考えていた。

「というと、例えばどういうことなの?」

 相手が話に乗ってくれたので、もう占めたという風に、

「じゃ、詳しく聴いて下さる? でも、ちゃんと筋道を立ててお話することなんかできないわ。そういう種類の事じゃないから……。まあ、言ってみれば、病院のためにならないような事実を、片っぱしから数えあげるだけよ、よくって」

 

(初出:「東京朝日新聞」, 1938年4月21日, 朝刊 岸田國士『暖流』)
※このページでは、読者の便宜をはかり、現代かな遣いに改訂しています。
 詳細はこちら

 
 

« 第2話 志摩家の人々(二) | トップページ | 第4話 志摩家の人々(四) »

現代かな遣い」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第3話 志摩家の人々(三):

« 第2話 志摩家の人々(二) | トップページ | 第4話 志摩家の人々(四) »